冬、この時期の手肌のお手入れ

手が荒れるこの時期。お皿洗いをするのも、ちょっと台所の掃除をするのも全てお湯を使ってやっています。このお湯というのがじつは手を感想に導く一番の原因になっているのだそうです。お湯を使うと冷たくないし快適なのですが、でも快適な分、手肌の乾燥がひどくなっているようです。それに冬は空気も乾燥しているの、手肌の荒れに拍車をかけているようです。手は年齢が出るという我箇所。だからいつもきれいにしておきたいとは思うのですが、一日の主婦としてはそれがなかなか難しい。いくら指先にネイルアートをして綺麗な指先を保っていたとしても、手肌が荒れているとその効果も半減です、残念ながら。だからこそ手のお手入れはしっかりとしておきたいですよね。オススメなのが水に強いハンドクリームを塗ることです。もちろんお料理中やお皿洗いをしているときは使えませんが、でもお風呂上がりや寝る前など、気がついたときにマメに塗るといいみたいですよ。今年こそは冬でも綺麗な指先でいましょうね!

定番料理

最近の私の定番料理の特徴はおばんざいです。お惣菜というと全国どなたにでも分かる呼び方。私の地元ではおばんざいって呼んでいます。おばんざいの良いところはズバリ粗食ということだと思います。コース料理になると華やかな和食ですが、実際に各家庭で食べられている和食といえば、その代表はお惣菜になるのではないでしょうか!?かぼちゃの煮付けやひじきの煮物、煮魚に野菜のうま煮。こんなふうに野菜や魚を美味しく食べるのにはおばんざいのようにシンプルな調理法が一番合っていると思います。粗食、体に良い食べ方ですよね。

一番私がよく作るのは煮魚です。すごく簡単にいつも作っています。肉を食べるよりもヘルシーで体に良い。ミネラル分を取るのにもちょうど良いですよね。生姜やネギ、梅干で臭みを取るのが上手な煮魚のつくり方。ちょっとした工夫で煮魚が美味しく仕上がります。

和食を世界遺産にしようという動きが出ていますが、華やかな懐石料理に和食の魅力だけではなく、一般に食べられているおばんざいにもその魅力が詰まっていることを紹介出来れば良いですよね。