マレーシアは旅人に優しい!?

日本では常識と思っていることが海外ではそうでないということはよくあります。最近、テレビでマレーシアの特集をしていました。マレーシアといえば経済発展の著しい国として今、注目を集めていますよね。そのマレーシア、クアラルンプールではバスの料金が無料なのだそうです。これは観光客がこの地に来た時に便利にバスを使ってもらえるように、と政府が何年か前から始めたのだそうです。なんて観光客思いな街!!これは経済発展をしている国だからこそできることですよね!それにマレーシアは物価もとても安いので、食費もほとんどかからないのだそうです。300円もあれば屋台でおなか一杯に食事をとれるそうです。アジア旅行といえば台湾や韓国、タイやベトナムがとてもポピュラーですが、これからはマレーシアに観光に行くのも楽しいと思います。今はまだ物価が安く、たくさん楽しめるマレーシア。これからますます経済発展するでしょうから、その前に安く楽しい旅行をするのはいかがでしょうか?

綺麗のバランス

自分を綺麗に見せようと思うとき、何をしましょうか。美肌のためにしっかりと睡眠をとって、健康にいいと言われる食品を取って、そしてきれいな洋服を着る。どれも正解だと思います。でもそのすべてをやってみてもきれいに見えない時ってあると思いませんか?それは一体なにが違うのでしょうか。きれいに見せようと思うと頭を使う事が大切です。どのラインをすればきれいに見えるか、自分をきれいに見せられるか、それは普段の日常生活の中での研究だと思います。一つ言えることは、きれいに見せるためには何でもバランスが大切だということです。体のライン一つとっても、痩せすぎてはみすぼらしいし、太っていると見苦しい。だからその中間のちょうどいいバランスが大切だということです。それはつまり美意識の問題だと思います。普段の生活から美意識を磨くような生活をしていると自然ときれいになっていくものです。きれいになりたいと思う方はまず、ご自分の美意識を磨くことが大切でしょう。

妊活中からしておきたいこと

妊娠したいけれどできない。

そんな切実でデリケートな悩みを持っている人のための雑誌が最近刊行されました。その名は「赤ちゃんが欲しい」。これを本屋さんで見たときには私も何だか、「赤ちゃんが欲しいけれどできない」人たちに寄り添いたい気持ちになりました。赤ちゃんが出来る可能性は宇宙学的、天文学的な確率だと言いますよね。だからこそ、生まれてくる命を大切にしたい。そして生まれてくる命だけでなく、それを生み出す母親も大切にしたい。そんな思いや具体的な活動は妊娠中から始まります。「赤ちゃんが欲しい」の読者はその天文学的な確率で生まれてくる生命、生まれてくれる赤ちゃんのために両親が出来るによい環境をつくるための情報雑誌のようです。例えば妊娠したい、もし妊娠した時に何をするべきか、などなどの情報が手に入れられます。本屋さんでこの雑誌を手に取るのは、もしかすると恥ずかしかったり、気後れしてしまうかもしれませんが、でも妊娠中に何が必要かは妊娠する前に知っておくべきです。だからそんな方に是非読んでもらいたい雑誌です

http://xn--vck8crc536yygbpy0abj2ch2knwo.com/ranking/